急いで相談する必要性


債権回収トラブルは弁護士に相談したほうがいいです。債権には消滅時効といって、法律で定められている期間が過ぎると債権が消滅してしまいます。そして時効の援用といって、相手方が時効を理由に支払わないといってしまえば、債権回収の見込みはなくなってしまいます。

消滅時効期間は、債権の種類によって異なります。10年の債権もあれば、5年、3年、2年、1年、さらには6ヶ月というような、ごく短期間で時効が完成してしまう債権もあります。早く弁護士に相談し、回収に向けて本格的な行動を起こしたほうがいいというのは、このためです。

また、債権には売掛金がありますが、5年ではなく2年で時効にかかるものもあれば、さらに半分の期間で時効にかかるものもあります。5年が過ぎるまでまだまだ期間に余裕があるということで、そのうち支払われるだろうと待っているうちに、実は2年で時効にかかるケースで手遅れになるということもあり得ない話ではありません。ほかの種類の債権でも、自分の場合はどの種類の債権で、消滅時効期間が何年なのか、正しく把握することは法的知識がないと困難です。このあたりのことも、弁護士に相談することによって把握することが可能です。